眼科かじわらアイケアクリニック

ひとりはみんなのために。みんなはひとりのために。

院長よりごあいさつ

合言葉は「安全と安心」

院長 梶原 一人
院長 梶原 一人
院長略歴

私たちは患者様と共に歩むクリニックです

開業から10年目の昨年、アイ・ケア・クリニックがついに錦糸町駅直結となり、地元の皆様からの信頼に応え、一層広範囲の地域医療に貢献できるようになりました。

目の病気は、充血や目やに・視力低下などの自覚症状の分かりやすい病気もありますが、緑内障や糖尿病性網膜症、高血圧性眼底など、自覚症状が現れずに知らず知らずのうちに進行してしまう恐ろしい病気もあります。眼科医として多くの患者さん達を診てきた経験から、手遅れになる前にできる限り早く病気を発見して治療する事を最重要課題と考えています。そのために、ご自分の目について不安や疑問を持っていらっしゃる方が気軽に診察を受けられる、開かれた明るい眼科診察室を作るためにスタッフ一同頑張っています。

「患者様に寄り添い」「患者様と共に悩み」「一人一人に最善の選択肢を提供する」という私たちの理念のため、スタッフ一同尚一層の努力を続けて参ります。私たちは患者様と共に歩むクリニックです。

ここアルカイーストには私たちの眼科のほか、内科・小児科(清水クリニック)、皮膚科(錦糸町皮膚科スキンケアクリニック)、 歯科(アルカイースト歯科)がそろっており、複数のご病気をお持ちの方が併診したり、その時々で必要に応じたご紹介がで来ます。

また、コンタクトレンズご希望の方には、販売所「クリアビジョン」にて、変わらぬ安全をこれまで以上にお求めやすい安心価格でご提供致します。

クリニック、コンタクトレンズともに、どうぞ下記のLINEにご登録ください。御登録いただくとクリニックの診療カレンダーがLINEで自動配信されるため、カレンダーを取りに来ていただいたり電話でお問い合わせ頂く手間が省けます。又、コンタクトレンズについての最新情報や販売価格のお知らせがお手元に届きます。

  • コンタクトレンズ
  • クリアビジョンコンタクトレンズ

閉じる

  • クリニックの受付・待合室
  • クリニックの入り口
  • クリニックの検査・診療室
9月から水曜日受付~19:00に 7月からの月曜の診療体制について
  • 眼科をなぜ受診する必要があるのか?
  • 当院が選ばれている理由
  • 診療カレンダー
  • 問診票ダウンロード
  • お子様の目の病気
緑内障専門外来

日本では失明の原因の第1位で、患者数は300万人と言われます。治療は、進行をくい止めるための予防の目薬が基本です。病気によってひとたび失われた視野を回復することはできません。早期発見・早期治療以外に道はありませんが、失明に近づくまでほとんどの場合自覚症状が無く、眼科を受診する以外に発見の方法がありません。

またお年寄りの病気と思われがちですが、当院ではOCTという最新機器に加えHFA、FDTなどのおかげで、最年少9歳の女児患者も発見されています。検査機器がそろっていて、優秀な検査員のいる眼科を受診しましょう。

患者さんの声・評判を読む

更に詳しく読む

続きを読む
糖尿病患者の皆様へ

糖尿病合併症で最も恐ろしく悲惨なのが、網膜症による失明です。糖尿病患者は全国に890万人もいますが、うち治療を受けているのはたった237万人、つまり7割以上が未治療です。眼底に出血を起こしたり網膜剥離を起こしたり、網膜浮腫を起こす病気で、先進国の失明原因の上位を占めます。

内科的治療が基本ですが、網膜の病気は内科では管理できません。親身になって治療してくれる眼科を見つけることが何よりも大切です。勇気を出して眼科を受診してください。

患者さんの声・評判を読む

更に詳しく読む

続きを読む
人間ドックで引っかかったら
  • ・緑内障疑いと言われた
  • ・眼圧が高いと言われた
  • ・視神経乳頭陥凹拡大と言われた
  • ・網膜神経繊維束欠損と言われた
  • ・眼底出血があると言われた
  • ・視力が下がったと言われた
  • ・以前より目が疲れやすくなった
  • ・黒いゴミのようなものが飛んで見える
  • ・視野の一部で光がチラチラと輝くように見える

更に詳しく読む

続きを読む
白内障かもしれないと思ったら
  • ・本当に白内障?
  • ・他に病気は無い?
  • ・手術はいつすれば良い?
  • ・どれくらいよく見えるようになる?
  • ・手術まではどうしたい良い?
  • ・入院する必要はある?
  • ・名医に手術してもらいたい

患者さんの声・評判を読む

更に詳しく読む

続きを読む
網膜剥離は誰にでも起こります!

「網膜剥離」ってボクサーがなる病気でしょ?なんて思っていませんか?格闘技や眼球打撲が原因でおこる網膜剥離は全体のほんの一部に過ぎず、大部分は身に覚えのない普通の人に起こります。年齢も性別もほとんど関係なく誰にでも起こる病気であると言うことを知って下さい。

網膜剥離は、眼球の内側にある網膜の一部に小さな裂け目(裂孔)が生じる疾患で、その裂け目から網膜が内側に向かって剥がれてしまい、この状態を放置すると網膜の機能が徐々に失われ、網膜の中心部の黄斑部分まで剥がれた場合には失明に至ることもあるものです。飛蚊症(ゴミや虫のような物が飛んでいるように見える症状)や光視症(視野の端の方に光がチラチラする症状)という前兆以外、その多くは自覚症状に乏しいことから、適切な受診のタイミングを逸してしまいがちです。視野欠損や急激な視力低下を自覚する段階になっては、網膜剥離が中心部にまで進んでいるので、飛蚊症・光視症などのごくわずかな異常の段階での眼底検査が大切です。

残念ながら、網膜剥離が自然治癒することは極めてまれです。また、専門的なトレーニングと数多くの症例数をこなしてきた眼科医でないと、疾患自体を見逃すケースもありますから、確かな医師選びも重要なポイントだといえます。

更に詳しく読む

続きを読む
アレルギー、あなどれず!

アレルギー性結膜炎と花粉症

「目の乾き」「眼精疲労」「目がショボショボする」…。そうした症状ではドライアイや眼精疲労のための市販の目薬を差す前に、まずはアレルギー性結膜炎の可能性を疑う必要があります。実際、「ドライアイ」を訴えて当院に受診される約7割の患者さんにアレルギー性結膜炎が認められています。素人判断の誤った目薬の使用は結膜炎の重症化と慢性化を招くことになりますから特に注意が必要です。

一方、国民の4人に1人以上が抱えているとされている「花粉症」。人それぞれ対策は打っていても症状が強くて辛いときもありますね。無理して我慢していませんか?目薬や内服・点鼻薬でとても楽になります。治療のポイントは、花粉が飛散する2週間前を目安にした「予防的治療」ですが、既に症状で苦しんでいる場合、花粉症の症状にも個人差がありますから、症状に応じた「組み合わせ処方」が重要で、副作用を大幅に軽減しながら重症化を防ぎ、快適な日常生活を過ごすことができます。

いずれも、眼科医による早期の的確な診断と適切な治療の選択がポイントになります。

更に詳しく読む

続きを読む

最新情報・お知らせ

当院のコンセプト

当院が大切にしていること

「丁寧な問診・検査・診察、正確な診断と重症度の評価、それに基づく的確な治療計画の立案」これが理想の医療のあるべき姿だと私たちは考えます。その実現のため、私たちは日頃から研修を積み、知識を更新し、時間をかけて問診をして患者様の声に耳を傾けています。

受付・スタッフ

また、「医療とは究極のサービス業」だと私たちは考えています。サービス業である限り、サービスの質が問われます。医療サービスの質とは、第一に高い医療レベルです。私たちのクリニックでは手術が必要な患者様には適切な医療施設をご紹介しますが、手術以外で患者様が当クリニックでの治療を望む場合は、それに応じるだけの検査・診断設備・治療薬を整えています。

そしてただ単に医療レベルが高いだけでなく、患者様と共に悩み「患者さんに寄り添う医療」が私たちのクリニックが真髄としている医療サービスです。

私たちは本気です。本気で患者様の目の健康のための最善の選択肢を提供することを第一義と考えています。

診療カレンダー・コンタクトレンズの最新情報について

クリニック、コンタクトレンズともに、どうぞ下記のLINEにご登録ください。御登録いただくとクリニックの診療カレンダーがLINEで自動配信されるため、カレンダーを取りに来ていただいたり電話でお問い合わせ頂く手間が省けます。又、コンタクトレンズについての最新情報や販売価格のお知らせがお手元に届きます。

  • 診療カレンダーQRコード
  • クリアビジョンコンタクトレンズQRコード

医院案内

〒130-0013
東京都墨田区錦糸3-2-1 アルカイースト2F

・東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」直結
・JR総武線「錦糸町駅」北口より徒歩0分

アクセス詳細

受付時間

  • 月曜日~土曜日・祝日
    10:30~13:00 / 15:00~19:00

6月13日よりしばらくの間、下記の様に診療時間を制限させて頂いております。
10:30~13:00 / 15:00~17:00

 
10:30-13:00
15:00-19:00

休診日:日曜日・年末年始・研修日

診察時間の詳細は毎月変わります。 クリニックでも診療カレンダーをお渡ししていますので、受付までお申し付けください。

尚、月曜日は予約検査のみとなっております。一般の診察はありませんのでご注意ください。

診療カレンダー

整理券の場所

整理券について

受付が始まる前に、下記の時間帯に整理券の入ったカゴを準備してございます。
■10:00 ~ 10:30(午前診療分)
■13:00 ~ 15:00(午後診療分)
の整理券をお取りいただき、再び受付開始時間にお戻りいただいております。
整理券の裏面の注意事項も必ずお読み下さい。

整理券をお持ちでも、受付開始時間にお越しでない場合は番号順に受付できませんのでご注意下さい。

  • 花粉症でお悩みの方へ
  • 当院のリーフレット
  • スタッフを募集しています
  • Photo Gallery
ページトップ